習慣を身に着ける0(動機編)

習慣が身に付けばやり遂げる力も身に付く?

 

■やり遂げる力って何?

最近、本屋に平積みされている本

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける | アンジェラ・ダックワース, 神崎 朗子 |本 | 通販 | Amazon

概要は「成功に才能は必要ない、重要なのはやり遂げる力ーGRITーなのだ」という日本人が好きそうな内容の本。
かくいう私も日本人なので、まんまと納得してしまった本。

しかしこの本には重要なことが書かれていない。


「どうやったら、やり遂げる力が身につくのか」

 

それ一番重要じゃん? ってところが抜けてるじゃんじゃんじゃん。

そりゃ毎日コツコツ努力している人なんて極一握り。
どちらかといえば、以前の私のように仕事で神経すり減らして生きているんだか死んでいるんだかよう分からん人のほうが多いと思います。

仕事がつらいのに、その上努力とかできるか。というのが本音の人も多いはず。
それで、結局「やり遂げる力」って何よ。


■「やり遂げる力」の種類

「今まで何もやり遂げたことのない私は成功できないんじゃなかろうか」
まんまと本の口車にのせられた私は、本屋を巡ってやり遂げるコツを探しました。
しかしどこにも置いていないし、書いてもいない。

GRITなんていう言葉が広まったのは、この本きっかけだからしょうがないね。


そこで「やり遂げる力」とはそもそもなんなのか考えはじめました。

 

1、どんなに苦しいときもふんばりやり遂げる根性。
2、コツコツと毎日練習を続ける力。

 

「やり遂げる力」はおもにこの2つを表しているのではないでしょうか。
1、はまず一般人には無理です。

出来てる人はとうに成功しています。

成功していない私は出来ていないということ。

1、をこなすには、成功体験とか自己肯定感とかポジティブ思考とかが必要になる気がします。
成功体験もろくにない私には無理。

1、ではハードルが高いので、まず2、に挑戦。
自分の苦しくない程度にタスクをこなす方法。
2、をこなせば成功体験も積めるので、1、をこなす自信にもなりそう。

 

でも、今まで2、も碌にできなかったしなぁ。

 

私が今まで続けられたことを振り返れば、「歯磨き」や「食事」や「睡眠」ぐらいじゃないでしょうか。

勉強とか練習とかまったく続けられた記憶がありません。

このまま初めても成功する気配がないので、発想を切り替えようと思います。

 

つまりは歯磨きや食事をするように、コツコツと続ければいいということですな。

 

身近な言葉で表すならば
「習慣を身に着ける」
必要があると。

 

たしかにかの名言にも習慣の大事さは残っています。

 

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

 

                ウィリアム・ジェームズ(哲学者・心理学者)


いや、でも習慣ってどうやって身に着けるのよ。(続く)

執筆技術向上2

ショートショート挑戦の感想

 


■100本ノック

ショートショートを書き始めて二日目。
質は気にせず書きまくったので、人に見せられるレベルではないです。
本当に恥ずかしい作品ばかり。
これでよく小説家になろうと思ったな、っていうレベル。

確実に黒歴史行き。


■挑戦してみてよかったこと

自分の至らなさをしみじみ実感できました。
イデアの出し方やプロットを組み立てる思考法からぐだついていました。

執筆する前すら出来てないなんて・・・・・・。

そもそもショートショートの作品ってどんなのなのよ!?
なんなのよ!?

と逆ギレぎみに、参考文書探しました。
解説書を読む前に、まずは作品を読むべきだと考え購入したのがこの本。

 

Amazon CAPTCHA


まだ届いておらぬ。
ちまたでは星新一さんが人気なのですが、まずは色々な人が書いた作品を読みたいのでこちら。
星新一さんのショートショートといえば、穴の話を学生時代の教科書で読んだ気がします。

執筆技術向上1

小説家になりたい人は世の中にたくさんいます。
そうして小説家になりたいといいつつ、小説をほとんど完成させたことのない人もたくさんいるでしょう。


そう、この私のことです。


退職して2ヶ月になるのに、ほとんど小説書けてないです。
なんかデジャブるー。
昔の記憶と合致するー。
これ、毎回の私の失敗パターンです。


また今回もいつものように失敗してもいいのか。いや、ならぬ。
というわけで失敗しないためにも、いつもと違うアプローチを決行。


■自分の立場を確認

プロの小説家は毎日面白い文章書いているじゃないですか。
そこに楽しさなんてものはなく、自分の生活の一部としてなりたっているのだと思います。
それを大人レベルだとすると、気が向いたときにしか文章に向き合えない私は子供ーーいや胎児レベルとしましょう。

卵子ーー小説を書いたことがない
胎児ーー書いたことはあるが、完成作品は少ない
子供ーー完成作品がいくつかあるが、面白くない
青年ーー面白い文章をかけるが、ビジネス的ではない
大人ーービジネスとして文章で食べていける

 

■目的の明確化

胎児から子供へなるためには、何をすればよいのか
執筆を習慣にする? もっと執筆時間を増やす? 公募に応募してみる?
方法はいろいろあるのでしょうが、まずは目的が大事です
この場合のシンプルな目的というのは


「完成作品を増やす」


この思考の切り替えが大事。

 

 

■解決法

ということは長編よりも短編。
もしくはもっと短いショートショート(300字~800字程度の小説)を書くのがよいでしょう。

毎日1作品だけでは力がつきません。
ショートショートについて調べていると、気になる記事が。

www.mizutanikengo.com


ほう、1000本ノック。
目的を達成するためには、目的仲間を作るとよいとなんかの本でかいてあったような気がします。
続ける習慣
ではこの方を心の中で勝手に仲間に加えることにします。
怖いから連絡はしないけど。
あ、でも1000作品はきついので、タラは100作品、まずは作ってみます。


それじゃあ明日からさっそく頑張ってみます。

アレッ、こんなんで執筆にとりかかれるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。
こんなもんでいいんです。
大事なのは問題の明確化、目的の作成。
もちろんこんなのでお金を稼ぐことは難しいですが、タラは初心者のうえダラケ者なのでまずは当たり前のことを繰り返すことが必要です。

Q、小説家にとって当たり前のこととは?
A、完成品をたくさん作ること。毎日執筆すること。

情けないですが、まずはここから練習する必要があります。
こんな目的すら達成できるかは分からないのですが、してみないことには分からないので、まずは頑張ってみます。

ブログの紹介

◇未経験初心者が文章で生計を立てようと無謀に計画

◇現在無職:小説家・シナリオライター・WEBライターを目指しています

◇在宅で暮らしていくためにWEBライターを始めました

◇生活習慣改善にも挑戦中

・料理

・ピアノ

・早寝早起き

・就寝前の読書

ショートショート300作品